SEO対策の重要性

グーグル検索エンジン検索結果の上部や右側に表示されている広告をクリックされるようなことでグーグル側に収入が発生するのですが、グーグルは自社の検索エンジンを多くの方に利用してもらいたいのです。そしてそのために、検索結果の順位が検索するような方のほしい情報に合うようにしたいのです。そしてグーグルで検索をしてみればほしい情報が手に入れられるといったことを思われたいのです。一昔の検索エンジンは検索キーワードと検索結果が違っていたりして、アイドルの名前で検索をしてみれば、出会い系のサイトが1位表示されていました。そして検索をする方は好きなアイドルの情報が知りたくて検索をしたのにほしい情報と全然違うような検索結果が出るといったことは意味がないのです。ですが、グーグルは検索をする方にとって求めているような情報が書かれているいいホームページを上位表示させようとするのです。そして、より工夫をしていくといったことがこれからも役立つでしょう。

ホームページのコンテンツが重要

重要なことは検索結果の順位よりホームページの中身ですが、そうしたことを忘れないようにしましょう。そして、SEOオタクにならないようにしてください。ホームページの中身をしっかりと作りこむといったことがSEO対策となります。そしてSEO対策についていろいろなほんとサイトで開設されているのですが、色々と考えてみれば頭が爆発するでしょう。ですが、真のSEO対策はなんであるかといったことを表現しますと、SEO対策の王道ではないかと思いますが、お客様目線でホームページを作ると言ったことです。そして会社のホームページはお客様目線でホームページを作ると言ったことはとても重要なことであり、お客様目線でホームページを作るとといったことがなぜSEO対策になるのかといったことは、その答えとして、グーグル目線で検索エンジンについて考えると見えてくるのです。そして予備知識ですが、グーグルの最大の収入源は広告収入なのです。そしていい経験になっていくでしょう。

検索結果は3ページ目までしたらみられていない

一般的には検索結果は3ページ目までしたらみられていないといったことが言われているのですが、3ページ目までに表示されていなければ、そのホームページは存在していないといったことと一緒です。そして当然1ページ目の1番目に表示されているといったことが一番の理想です。そして、SEO対策は自分のホームページを検索結果のできるだけ上位に表示されるような手法です。そして、ヤフーがグーグルの検索エンジンを採用したことによって、SEO対策がグーグル対策と言えるようになったのです。ですが、表示順位を気にしすぎて、SEO対策ばかり力を入れてしまうような必要はないのです。そして検索結果は1位ではなければ意味がないといったことを聞きますが、そうではありません。たとえばネットからなにか買い物をしてみようとしたときは、グーグル検索で1位表示されているようなところからしか買わないでしょうか。そうではなくて、検索結果の見出しや文章を読みこれはといったホームページを見ているのです

ユーザー目線が重要

綺麗でかっこいいホームページはとてもお客様目線で作られていると言ったことがありますが、それよりもみやすく必要な情報がすぐに見えつけられるようなホームページであるといったことが最優先でしょう。そして、見やすいといったことや情報が整理されていることや、ほしい情報や商品やサービスがあるといったことなど、のほうが大切であるといったことを理解してもらいたいです。、そして会社ホームページ作成で重要なこととしてお客様目線に立ったホームページであるといったことなのです。そして、会社のホームページを作っても誰も見てくれないようなことでは造った意味がないのです。そして今の時代では何かを調べるといったことやヤフーやグーグルなどの検索エンジンで使うような方が圧倒的に多いのですが、その検索エンジンで検索をすればずらっと検索結果が出てくるでしょう。そしてできるだけ速順番に表示されるものや、100ページ目に表示されるのでは1ページ目に表示されていたほうがいいといったことがわかります。